• ホーム
  • プロペシアの副作用は危険!?

プロペシアの副作用は危険!?

2019年10月06日

AGAの治療薬として処方されるプロペシアですが、AGAの原因である5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑制する効果があります。
これによりヘアサイクルが正常になり、元気な髪の毛が育つ環境を整えます。
プロペシアは医薬品なので副作用もあります。
副作用の中には良い傾向になっている事を示しているものもあります。それが初期脱毛です。

服用開始して数週間から3か月以内に発生する多量の抜け毛ですが、これは弱々しい髪の毛をわざと抜けさせて、元気な髪の毛を生やす環境を整えている過程という証拠と言えます。
勿論発生しない方もいますが、プロペシアが効いてくる過程で発生する現象です。
1ヶ月程で抜け毛は落ち着きます。

副作用については臨床試験で報告されているのが、顔のほてりや肝機能の低下があります。
肝臓は薬の成分を分解する器官なのでダメージは相応に受けます。
しかし副作用として報告されている件数は非常に少なく、肝機能にも個人差があるので不安ある方は処方される前に医師に相談すると良いでしょう。
同じ様に臨床試験では少ない結果の副作用で、5%未満に性欲の減退があります。

また1%未満で勃起不全や精液量減少も報告されています。男性の勃起や精液の生成には男性ホルモンも影響しています。
確かにプロペシアの効果は男性ホルモンが5αリダクターゼと結合する事を抑制する効果があります。
男性ホルモンを抑制すると勘違いされがちですがそうではありません。結合を抑制するのです。
臨床試験でも偽薬服用者でも勃起不全の報告があります。

精神的な影響や思い込みも要因になります。効能から勃起不全との因果関係は考えにくい結論になっています。
こうした男性機能に関する噂から前立腺にも影響があるのではと疑う方も多いですが、プロペシアは元々前立腺肥大の治療薬です。
前立腺がんや前立腺肥大の治療薬だったので、悪影響は考えられず副作用の報告もありません。

以上の様に男性にとって危険な副作用は多くなく、発症のリスクも低い治療薬です。
しかし男性に限ってのことであり、女性には非常に危険な薬です。女性には触れさせることも禁止されています。
皮膚から体内に吸収される危険性もあり、妊婦さんが体内に取り入れると胎児に影響を及ぼす事は報告されています。
男性が使用するお薬ですが、取扱いには服用量等以外には、特に女性に触れさせない事を注意しなければなりません。

途中で服用を止めると効果はゼロになる?併用の注意点

AGA治療に効果があるとは言え、万人に効く薬はこの世にありません。その為効果を実感できない方もいます。
3年服用した方で臨床試験では80%が改善またはその兆候があるという報告です。よって20%の方は効果がない事になります。

プロペシアは服用してすぐに効果がでる薬ではありません。
3か月や半年で効果がないと諦めて服用を中止する方もいます。その場合リバウンドの様に抜け毛が多くなるという話もあります。
厳密には服用前に戻る事になるので、抜け毛が増えた様に感じるのです。

しかしリバウンドはあながち間違いではない表現であり、服用を中止する事で再び男性ホルモンと5αリダクターゼが多量に結合する事でヘアサイクルが元通りになってしまうのです。
服用を途中でやめると効果はなくなります。AGAは進行性なので、服用をやめると再び進行を開始します。
その為自身の判断で服用を中止する事は危険であり、医師に相談する事が大切です。

プロペシアは少なくとも1年以上は服用し続ける必要がある事を知っておく必要があります。
お薬の世界には飲み合わせというものがあります。プロペシアで治療を開始したら毎日服用する事になります。
生活していく中で風邪を引いたりする事もあります。その際風邪薬は飲んでも良いのでしょうか。

結論から言うとプロペシアには飲み合わせの禁忌はありません。
プロペシアは世界で初めて認可されたのは1992年です。それ以降に日本でも認可されましたが、世界でも日本でも1992年以降に併用による問題は発生していません。
併用する事に禁忌はないのですが、併用する事の意味のない薬はあります。
日本では認可されていませんが、世界では同じく5αリダクターゼの作用を妨げる効果のある他の薬があります。
同じ効果なので併用しても効果はありません。

関連記事
病院でAGA治療する場合の検査内容

病院へ行ってAGAの治療を受けたいと思っている場合、最初に検査を受けることになります。来院すればすぐに薬が処方されると思っている方もいますが、そのようなことはありません。そもそも薬を処方してもらうためには、1人1人の体質や髪の毛の状態を踏まえたうえで医師に判断してもらう必要があります。薬を購入するだ

2019年11月11日
女性のAGA(FAGA)とは?原因と治療

薄毛に悩むと言えば男性の事をイメージするでしょうが、女性も薄毛になる事があります。男性の方が多いのですが、以前の様な髪型ができなくなった事や頭頂部の分け目が気になりだす事は女性にも起こっています。男性の原因はAGAである事が多いです。AGAは男性型脱毛症と言い、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロ

2019年09月09日
ミノキシジルの副作用は?女性は使える?

ミノキシジルはもともと降圧剤として開発された薬ですが、現在ではAGAによる薄毛や脱毛を防ぐ薬として有名になっています。その経緯からも分かるとおり、ミノキシジルには血管を拡張して血圧を低下させる作用があります。頭皮の血管が拡張すれば、毛根の成長に必要な酸素や栄養分が大量に供給されるため、発毛が促進され

2019年08月10日
プロペシアの効果は?いつまで服用し続ければいいの?

薄毛や抜け毛の症状が気になって、育毛剤で頭皮ケアをしているという男性も多いでしょう。ただ、男性の場合は育毛剤でケアしても、薄毛の進行をストップできないケースもあります。AGA「男性型脱毛症」という脱毛症を起こしている場合、いくら育毛剤で頭皮をケアしても薄毛はどんどん進行していきます。AGAはジヒドロ

2019年07月08日
AGAとストレスの関係性

現代はストレス社会といっても良いほど私たちの身の回りにストレスとなる原因があふれかえっています。職場で日々ストレスを経験している大人だけではなく、10代の子供までもが学校などでストレスを強く感じることが分かっています。私たちは精神的なストレスを受け続ける事によって身体に様々な悪影響を受けます。髪の毛

2019年06月20日
AGA治療は発毛効果のあるミノキシジル!

AGAは、男性の脱毛症の大部分を占めている症状で、遺伝やホルモンなどが発症に関与しています。テストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行し、20代の後半から30歳にかけて著明となるというのが一般的な傾向です。ちなみに、AGAの原因物質のDHTの生産に関与しているII型5α-reduc

2019年06月03日
AGAの原因は遺伝が関係しているの?

AGAは昔であれば若ハゲとも呼ばれていたもので、老齢に達する前に男性の髪の毛が失われる状態のことを指します。髪の毛が失われるだけでは日常生活に悪影響が出ることはありません。一部の病気から来る薄毛や脱毛を除けば健康保険を使って治すことは出来ませんが、現代ではAGA…つまり若ハゲの原因が研究によって明ら

2019年05月23日
シャンプーによってはAGAになるの?その理由は

髪の毛の手入れは色々ありますが、代表的な事としてはシャンプーを毎日行うでしょう。シャンプーは髪の毛の汚れ以外に、頭皮の汚れも除去する目的があります。薄毛対策の為に毎日しっかり行う方は多いです。皮脂で頭皮の毛穴が詰まると薄毛の原因になるとも言われています。ですがそれは皮脂がたくさんでる方の事であり、逆

2019年07月23日