AGAとストレスの関係性

2019年06月20日
鏡を見ている男性

現代はストレス社会といっても良いほど私たちの身の回りにストレスとなる原因があふれかえっています。
職場で日々ストレスを経験している大人だけではなく、10代の子供までもが学校などでストレスを強く感じることが分かっています。

私たちは精神的なストレスを受け続ける事によって身体に様々な悪影響を受けます。
髪の毛も例外ではなく、ストレスで精神的なダメージを受けることによって抜け毛が増えていくことが分かっています。

男性型脱毛症といわれるAGAを発症する原因には色々とありますが、ストレスもまたAGAを発症する大きな原因の一つとなっているのです。
では、どのような経緯を経てストレスからAGAを発症するようになるのでしょうか。

私たちの体内バランスを保つために重要な働きをしているものの一つに自律神経があります。
自律神経は大きく分けると交感神経と副交感神経の二つに分かれています。
交感神経は主に身体を動かしているときや緊張しているときに活発に働き、副交感神経は逆にリラックスしているときや眠っているときなどに活発に働きます。
この交感神経と副交感神経が同じくらいのバランスで働いている状態が継続されていると私たちの体内活動はスムーズにローテーションされ、健康な状態を保つことが出来ます。

ところがストレスを常に受け続けていると、交感神経ばかりが活発に働くようになります。
仕事や学校、将来のことなどで不安に感じていたりすると、常に精神的に緊張している状態が続き、身体がリラックス出来ません。
その結果副交感神経の働きが弱くなります。

血液の流れは自律神経が管理しているのですが、交感神経のみが活発に働いている状態が続くと、血管が収縮して血行不良になります。
血行不良の状態が続くと、身体に十分な栄養を行き渡らせることができません。その影響を最も強く受けるのが髪の毛です。

髪の毛に十分な栄養が行き渡らないと、髪の毛自体が細く弱々しくなります。
その結果抜け毛が多くなってAGAを発症することになり、薄毛になっていくのです。

タバコの吸いすぎや生活習慣もAGAの原因になる

AGAの直接的な原因は男性ホルモンの一種であるテストステロンだという事が分かってきています。

テストステロンは元々発毛を促進させる物質なのですが、加齢などによって男性ホルモンが減少すると不足した男性ホルモンを補おうとしてテストステロンが変異します。
変異したテストステロンには強い脱毛作用があるため、抜け毛が促進され、放置するとハゲることになるのです。
このように発生することで薄毛やハゲになるAGAを促進させる恐ろしい変異したテストステロンですが、加齢だけではなく毎日の生活習慣によっても増加していきます。

たばこは身体に様々な悪影響を与えることは誰もが知っていますが、髪の毛も例外ではありません。
たばこを吸うことによって肝臓の機能が低下し、代謝が上手く働かなくなります。
すると男性ホルモンも減少し、テストステロンが変異する要因を造り出すことになります。

女性も抜け毛とは無関係ではありません。AGAは男性だけのものではなく、女性特有のAGAも存在します。
女性特有の抜け毛の原因として挙げられるのが、過激なダイエットです。

女性は男性以上に体型を気にしますから、ダイエットを経験したことがある人がほとんどではないでしょうか。
時には早く体重を落とそうと厳しい制限のついたダイエットを試してみることもあるでしょう。

しかし、過激なダイエットは身体に大きな負担をけることになります。過激なダイエットは栄養が不足しがちです。
その結果髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が抜けやすくなります。

また、体内の代謝も上手く働かなくなります。すると男性ホルモンの働きが活発になります。
男性ホルモンは前述した通り変異することによって抜け毛を促進させる効果があるため、女性でも大量に髪の毛が抜けることがあるのです。

関連記事
女性のAGA(FAGA)とは?原因と治療

薄毛に悩むと言えば男性の事をイメージするでしょうが、女性も薄毛になる事があります。男性の方が多いのですが、以前の様な髪型ができなくなった事や頭頂部の分け目が気になりだす事は女性にも起こっています。男性の原因はAGAである事が多いです。AGAは男性型脱毛症と言い、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロ

2019年09月09日
ミノキシジルの副作用は?女性は使える?

ミノキシジルはもともと降圧剤として開発された薬ですが、現在ではAGAによる薄毛や脱毛を防ぐ薬として有名になっています。その経緯からも分かるとおり、ミノキシジルには血管を拡張して血圧を低下させる作用があります。頭皮の血管が拡張すれば、毛根の成長に必要な酸素や栄養分が大量に供給されるため、発毛が促進され

2019年08月10日
プロペシアの効果は?いつまで服用し続ければいいの?

薄毛や抜け毛の症状が気になって、育毛剤で頭皮ケアをしているという男性も多いでしょう。ただ、男性の場合は育毛剤でケアしても、薄毛の進行をストップできないケースもあります。AGA「男性型脱毛症」という脱毛症を起こしている場合、いくら育毛剤で頭皮をケアしても薄毛はどんどん進行していきます。AGAはジヒドロ

2019年07月08日
AGA治療は発毛効果のあるミノキシジル!

AGAは、男性の脱毛症の大部分を占めている症状で、遺伝やホルモンなどが発症に関与しています。テストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行し、20代の後半から30歳にかけて著明となるというのが一般的な傾向です。ちなみに、AGAの原因物質のDHTの生産に関与しているII型5α-reduc

2019年06月03日
AGAの原因は遺伝が関係しているの?

AGAは昔であれば若ハゲとも呼ばれていたもので、老齢に達する前に男性の髪の毛が失われる状態のことを指します。髪の毛が失われるだけでは日常生活に悪影響が出ることはありません。一部の病気から来る薄毛や脱毛を除けば健康保険を使って治すことは出来ませんが、現代ではAGA…つまり若ハゲの原因が研究によって明ら

2019年05月23日
シャンプーによってはAGAになるの?その理由は

髪の毛の手入れは色々ありますが、代表的な事としてはシャンプーを毎日行うでしょう。シャンプーは髪の毛の汚れ以外に、頭皮の汚れも除去する目的があります。薄毛対策の為に毎日しっかり行う方は多いです。皮脂で頭皮の毛穴が詰まると薄毛の原因になるとも言われています。ですがそれは皮脂がたくさんでる方の事であり、逆

2019年07月23日